Mac PC 上の Windows XP で シリアル通信

この時代にシリアル通信なんて・・・

と思いますが、年に数回の仕事ではシリアル通信に関わります。

工場内の機器制御などでは、RS-232C、RS-485でのシリアル通信がまだまだ主流です。

そんな開発作業で困るのが、パソコンにRS-232Cケーブルの接続端子がないことです。

シリアル通信に関係する開発では、工場や現地で動作確認することが多いため、ノートPCが必須です。
しかし、いまどきのノートブック型のPCで RS232C インターフェイスを標準搭載している製品は見たことがありません。

もちろん企業向けのノートPCでは、DELL、HP、東芝、Lenovo(ThinkPad)などで、標準搭載/オプション搭載の機種があります。
ちなみに私の周りの開発者は全員 DELL です。

そんな開発現場にMacBook Proを持ち込むと、ある意味目立ちます(白い目^^)

でも、シリアル通信のためだけに、ノートPCを買う気はありません。

前置きが長くなりましたが、そんな私のMacBookでシリアル通信を行うためには「USB シリアルコンバータ」が必要になります。

まず試してみたのが、以前からVAIOで使用していたRATOC製のREX-USB60

RATOC USB-シリアルコンバータ REX-USB60
http://www.rexpccard.co.jp/products/subpage/usb60.html

結果は、通信不能・・・
ドライバも最新にしてみましたが、だめでした。

この製品はさすがに古く、後継機種 REX-USB60F が発売されています。
これならいけると思いましたが、他社と比較して少々高め(5800円)です。

「本当にBootCamp上のWindows MacBookでシリアル通信なんてできるの?」
不安なので、リスクの少ない安い機種を探しました。

で選んだのが、Arvel製(現Buffalo) SRC06-USB

バッファロー USBシリアル変換ケーブル SRC06USB
http://buffalo-kokuyo.jp/products/cable/usb/change/src06us/

定価4500円ですが、Amazonなら2千円台前半で変えます。

どきどきしながら、接続・・・

通信成功!感謝!

以後、トラブルもなくお世話になっています。
バッファロー SRC06-USB おすすめです。

ちなみに動作環境は以下になります。
MacBook Pro 17inch
cpu: 2.5GHz Core 2
モデル: MB166 J/A (Early 2008 モデル)
OS: Windows XP Professional SP2 (Bootcamp 2.2)


Mac PC に Windows XP をセットアップするときに 日本語キーボードを指定する方法

Mac PC に Bootcamp や Virtual PC で Windows XP をセットアップする際に最初にとまどうのがキーボードの選択です。

Windows XPのセットアップを起動すると、以下のような画面が表示されて、キーボードの選択を求められます。

———————————————————————-
以下のいずれかのキーを押して、キーボードの種類を特定してください。

 半角/全角 キー : 106 日本語キーボードの場合
 スペース キー : 101 英語キーボードの場合
 ’S’ キー : その他のキーボードの場合

 セットアップを終了するには、F3 キーを押してください。
———————————————————————-

日本語キーボードを選択したいのですが、Macのキーボードには [半角/全角]キーはありません。

ここで英語キーボードを選択すると、あとで苦労することに。。。

では、どうすればよいのでしょうか?

答えは簡単。3番目のオプションの ‘S’ キーを押してください。

次の画面でキーボードの種類をカーソルキー(矢印キー)で選択できます。

「106 Japanese Keyboard(Including USB)」を選択して Enter キーを押せば、日本語キーボードのセットアップができます。

冷静に考えれば簡単ですが、意外にはまります。


Windows XPのCドライブの空き容量がなくなったときの対処方法

「WindowsXP のパソコンのCドライブが満杯になって困っている」

そんな場合は、以下の方法1と2を行うと、かなりの空き領域を増やすことができると思います。
Cドライブの容量自体を増やすには方法5を参照してください。

方法1: セーフモードでCドライブをクリーンアップ

注意:
・クリーンアップの容量によっては数時間かかる可能性があります。
・セーフモードとはWindowsの修復モードのことです。
 通常モードでもクリーンアップできますが、セーフモードは効果大です。

セーフモードでパソコンを起動する手順

(1)いったんパソコンを終了(電源オフ)します。
(2)パソコンの電源オンにします。
(3)メーカーのロゴマークが消えるタイミングでF8キーを押したままにします。
(4)「Windows拡張オプションメニュー」が黒い画面で起動するのでF8キーを離します。
(5)キーボードの矢印キーで「セーフモード」を選択して、Enterキーを押します。
(6)セーフモードでWindowsが起動します。

Cドライブをクリーンアップする手順

(1)「スタート」メニューからマイコンピュータをクリックします。
(2)開いた画面でCドライブを右クリックして「プロパティ」を選択します。
(3)「プロパティ」画面が表示されます。
 (全般タブが選択され立体円グラフ出ていると思います)
(4)円グラフの右下の「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。
(5)「…空き領域を計算しています。…」というダイアログボックスが表示されます。
(6)計算が終了すると「ディスククリーンアップC」というダイアログボックスが表示されます。
(7)削除するファイル項目を選択します。
 「古いファイルの圧縮」のチェックは外してください。
 それ以外の項目はすべて選択して問題ありません。
(8)「OK」ボタンを押します。

以上の手順でクリーンアップが終了します。
Windowsを再起動してパソコンを通常起動してください。

方法2: 「システムの復元」の割り当て領域を減らす

「システムの復元」の割り当て領域を減らす手順

(1)「スタート」メニューからマイコンピュータを右クリックして「プロパティ」を選択します。
(2)「システムの復元」タブをクリックします。
(3)Cドライブを選択し「設定」をクリックします。
(4)ハードディスクの容量を変更できるスライダーが表示されます。
 使用するディスク領域を2GB(2000MB)程度になるように調整してOKボタンをクリックします。
(5)Dドライブも同様に調整します。

「システムの復元」を使用しないこともできます。
(私も、小さい容量のパソコンの場合は「システムの復元」を無効にしています)

「システムの復元」を無効にする手順

(1)「スタート」メニューからマイコンピュータを右クリックして「プロパティ」を選択します。
(2)「システムの復元」タブをクリックします。
(3)「すべてのドライブでシステムの復元を無効にする」を選択します。
(4)OKボタンをクリックします。

———————————————————————-
ここまでで空き領域を増やすことができたと思いますが
さらに以下の方法も効果的です。
———————————————————————-

方法3: Cドライブに保管するデータをDドライブに保管するように変更

・Internet Explorer の一時ファイル
・Outlook Expressのメールデータ

 参考ページ
 http://www.microsoft.com/japan/users/winxp/0503/02.aspx

・「お気に入り」
・「デスクトップ」

「お気に入り」「デスクトップ」をDドライブに移動する手順

(1)「スタート」メニューからマイコンピュータをクリックします。
(2)開いた画面で「Cドライブ」- 「Documents and Settings」-「ユーザー名」の順に開きます。
(3)「お気に入り」(★アイコン)をDドライブに移動します。(コピーではありません。移動してください)
 マウスの右クリックボタンを「お気に入り」の上で押さえたまま、Dドライブにドラッグ&ドロップすることで移動できます。
(4)「デスクトップ」も同様に移動します。

・マイドキュメント

参考ページ
http://www.microsoft.com/japan/users/winxp/0503/01.aspx

方法4: Cドライブに保管するデータをDドライブに保管するように変更

フリーのソフトウェア「CCleaner」を使用することで、お気軽に一時ファイルや不要なレジストリを削除することができます。
http://www.ccleaner.com/

使用方法などはインターネットで検索して調べてみてください。
http://eazyfox.homelinux.org/SecuTool/CCleaner/CCleaner001.html
http://freesoft-100.com/pasokon/ccleaner.html
http://www.softnavi.com/ccleaner.htm

———————————————————————-
最後の手段はCドライブとDドライブの割当量を変更する方法です。
場合によってはDドライブを削除してCドライブのみにしてもよいかもしれません。
———————————————————————-

方法5: Dドライブの容量を減らしてCドライブを増やす

この操作はツールを使用する必要があります。

□市販のツール:
LB パーティションワークス13
http://www.lifeboat.jp/products/pw13/pw13.html

ダウンロード版なら4000円程度
http://dl.rakuten.co.jp/prod/800649298.html

□フリーのツール:
Partition Logic

Partition Logic


http://partitionlogic.org.uk/download.html

GParted
http://gparted.sourceforge.net/
http://gparted.sourceforge.net/download.php

EASEUS Partition Manager
http://www.partition-tool.com/

注意:
パーティションを移動する前にエラーチェックとデフラグを行った方が良いかと思います。
また、万一のため必ずデータのバックアップは取っておいてください。

チェックディスクの参考ページ:
http://www.lifeboat.jp/support/db/011060214002.html

デフラグの参考ページ:
http://www.xucker.jpn.org/pc/deflag.html