Macbook Pro 新旧2台のメモリを交換 (MC725 Early 2011、MB166 Early 2008)

お客様のMacBook Pro 2200/17inch (MC725J/A Early2011)をメモリ交換(4GB→8GB)しました。

アマゾンで買ったmacbook pro Early2011用の8GBメモリ
CFD ノートPC用メモリ DDR3-1333(PC3-10600)4GB 2枚セット W3N1333Q-4G

今はメモリが安い!8GBでも3千円台!
お客様のMACのネジ山をダメにするわけにはいかないので、ついでに精密ドライバも購入。

Macbook Proの下部カバーのネジにピッタリフィットする精密ドライバー
アネックス(ANEX) 精密ドライバー プラス00×50 No.3450

メモリ交換自体は特に難しくないですが、私の所有するEarly 2008のMacBook Proのようにメモリドアだけを取り外すのではなく、下部ケース全体を外す必要があるので少し面倒。でもピッタリはまる精密ドライバーを買ったおかげでスムーズに取り外しができました。この精密ドライバーおすすめです。

メモリ交換の手順は以下のAppleサイトに詳しく載っています。
MacBook Pro:メモリの取り外し方法と取り付け方法

OS X Lion 10.7.2を起動し、問題なく8GBで動作していることを確認。
Parallelsで実行しているWindowsもサクサク動きます。

私のEarly2008モデルのMacbook Proとは動作が全然ちがいます。
これなら仮想マシンのWindowsで十分。Bootcampの出番が少なくなりそうです。
この17インチMacbookは値段も値下がりして14万ほどで手に入ります。安い。ほしい。

でも今は無理。。。

せめてメモリ交換だけでも。。。

いつもBootcampでWindows XPを使用していますが、メモリ使用が2GBを超えていることが多く、動作のもたつきが気になっていました。
そこで自分のMacBook Pro 17inch (MB166J/A Early2008)のメモリを2GB→4GBにしました。

アマゾンで買った4Gのメモリ
BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC2-6400 (DDR2-800) 2GB 2枚組 D2/N800-2GX2/E

MacBook Pro Early 2008モデルは本来PC2-5300 (DDR2-667)ですが、基本的には上位のPC2-6400(DDR2-800)も動作するはずと思い迷わず購入。
ところが、装着して電源を入れても起動せず。。。
PC2-6400はMacbook pro Early 2008で動作しません。
残念。。。でも安いからまあいいか。

このメモリ、古いWindowsノート(VAIO VGN-SZ92PS)に装着したところ無事動きました。
やはりメモリ自体は問題ありませんでした。
4GB中3GBしか有効になりませんが、動作は問題ありませんでした。
無駄にならなくて一安心。

気を取り直して規格通りのメモリPC2-5300 (DDR2-667)を購入しました。

アマゾンで買ったmacbook pro Early2008用の4GBメモリ
BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC2-5300 (DDR2-667) 2GB 2枚組 D2/N667-2GX2/E

こちらは問題なく動作しました!
Mac OS X 10.5.6上で4GBとなっているのを確認。
BootcampのWindows XPでは3GBのみ有効になりました。

新しいマシンには到底およびませんが、少し快適になりました。

__________________________________
ちなみに、上記のMacBookは以下になります
MacBook Pro 17inch
cpu: Core i7 2.2GHz
モデル: MC725 J/A (Early 2011 モデル)
OS: Mac OS X 10.7.2(Lionにアップグレード済み)

MacBook Pro 17inch
cpu: 2.5GHz Core 2
モデル: MB166 J/A (Early 2008 モデル)
OS: Mac OS X 10.5.6