Mac PC 上の Windows XP で シリアル通信

この時代にシリアル通信なんて・・・

と思いますが、年に数回の仕事ではシリアル通信に関わります。

工場内の機器制御などでは、RS-232C、RS-485でのシリアル通信がまだまだ主流です。

そんな開発作業で困るのが、パソコンにRS-232Cケーブルの接続端子がないことです。

シリアル通信に関係する開発では、工場や現地で動作確認することが多いため、ノートPCが必須です。
しかし、いまどきのノートブック型のPCで RS232C インターフェイスを標準搭載している製品は見たことがありません。

もちろん企業向けのノートPCでは、DELL、HP、東芝、Lenovo(ThinkPad)などで、標準搭載/オプション搭載の機種があります。
ちなみに私の周りの開発者は全員 DELL です。

そんな開発現場にMacBook Proを持ち込むと、ある意味目立ちます(白い目^^)

でも、シリアル通信のためだけに、ノートPCを買う気はありません。

前置きが長くなりましたが、そんな私のMacBookでシリアル通信を行うためには「USB シリアルコンバータ」が必要になります。

まず試してみたのが、以前からVAIOで使用していたRATOC製のREX-USB60

RATOC USB-シリアルコンバータ REX-USB60
http://www.rexpccard.co.jp/products/subpage/usb60.html

結果は、通信不能・・・
ドライバも最新にしてみましたが、だめでした。

この製品はさすがに古く、後継機種 REX-USB60F が発売されています。
これならいけると思いましたが、他社と比較して少々高め(5800円)です。

「本当にBootCamp上のWindows MacBookでシリアル通信なんてできるの?」
不安なので、リスクの少ない安い機種を探しました。

で選んだのが、Arvel製(現Buffalo) SRC06-USB

バッファロー USBシリアル変換ケーブル SRC06USB
http://buffalo-kokuyo.jp/products/cable/usb/change/src06us/

定価4500円ですが、Amazonなら2千円台前半で変えます。

どきどきしながら、接続・・・

通信成功!感謝!

以後、トラブルもなくお世話になっています。
バッファロー SRC06-USB おすすめです。

ちなみに動作環境は以下になります。
MacBook Pro 17inch
cpu: 2.5GHz Core 2
モデル: MB166 J/A (Early 2008 モデル)
OS: Windows XP Professional SP2 (Bootcamp 2.2)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です